信長の野望 オンライン 鳳凰の章(プレミアムBOX) 詳細情報 第2弾


信長の野望 オンライン 鳳凰の章(プレミアムBOX)は、
織田信長を始め武田信玄、上杉謙信ら有名武将が集う、
戦国時代オンラインゲームです。

詳しくはアマゾン公式サイト-ここから

2011年12月26日新しい情報が入りました。
------------------------
それは、「「城下町」」です。
------------------------


「「城下町」案内人」

各勢力の本拠地や、中立の町の入口付近に配置される、
「「城下町」案内人」NPC に話しかけると、
あなたの「「城下町」」へと移動できます。

「「城下町」」は隠れ里を出た後、「城下町案内人」により移動します。

「城下町」はGAMECITY市民IDごとに1つあり、
各プレイヤーキャラクターで、
個別の「城下町」を育成する必要はありません。

「城下町」に移動したら、NPC「城主補佐」に話しかけましょう。
「城主補佐」が「城下町」での一切をとりもってくれます。


施設の建設には「城下銭」と「資源」を必要とします。
それぞれ「城下町」で使用できるもので、施設から徴収したり、
城主補佐に専用のアイテムを納めることで手に入ります。

城下銭と資源を集め、施設をつくり、
施設をレベルアップして、「城下町」を発展させていきます。

「城下町」を発展させると、城下町専用のポイントを、
より多く獲得できるなどのメリットがあります。
城下町専用ポイントは、様々なアイテムと交換できます。

次回は、城下町の「施設」です。
posted by 信長 at 05:00 | Comment(0) | 特集1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信長の野望 オンライン 鳳凰の章(プレミアムBOX) 詳細情報 第3弾



信長の野望 オンライン 鳳凰の章(プレミアムBOX)は、
織田信長を始め武田信玄、上杉謙信ら有名武将が集う、
戦国時代オンラインゲームです。

詳しくはアマゾン公式サイト-ここから

2011年12月26日新しい情報が入りました。
------------------------
それは、「「城下町」」です。
------------------------


あなたが建設できる「施設」には、様々な種類があります。

空き地の状態で建てられる「施設」は数種類ですが、
「城下町」を発展させたり、特定の条件を満たすと、
作ることができる「施設」が増えていきます。

各施設を「城下町」に建設すると、城下銭を増やし、
家臣を育成できるといった効果を発揮します。

「城下町」の「施設」の中には、
家臣団を鍛える施設があります。

そこでは、生命力、気合、能力などを鍛え、
家臣を強くレベルアップできます。

また、家臣の装備品を購入できる「施設」も作れます。

家臣団は、あなたの配下として、一緒に冒険に連れて行けます。
徒党の不足を補う形で戦闘にも参加させられます。

初期段階では弱いですが、
「城下町」の施設を利用して育成すれば、
家臣は強く賢くなっていきます。

家臣が育つと、
プレイヤーキャラクターの能力にもボーナスが加算され、
家臣の強化が自身の成長にも繋がってきます。

「家臣団」については、特集2で発表される予定です。
その時はまた、アップします。
posted by 信長 at 06:15 | Comment(0) | 特集1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信長の野望 オンライン 鳳凰の章(プレミアムBOX) 詳細情報 第1弾

信長の野望 オンライン 鳳凰の章(プレミアムBOX)は、
織田信長を始め武田信玄、上杉謙信ら有名武将が集う、
戦国時代オンラインゲームです。

詳しくはアマゾン公式サイト-ここから

2011年12月26日新しい情報が入りました。
------------------------
それは、「「城下町」」です。
------------------------

「「城下町」(じょうかまち)」は、
あなただけの町作りを楽しめるものです。

「鳳凰の章」では、プレイヤーは「城下町」を1つ所有することができます。
「城下町」は、最初は何もない空き地で、あなたはそこに、
いろいろな施設を作り、町を整えていきます。

信長の作った「楽市楽座」の考え方です。

あなたは、町から上がる収入を再投資し、さらに町を発展させ、
あなたの思い描く「城下町」を作り出せます。

また、「城下町」では、プレイヤーキャラクターから、
探索ですることができ、あなたの町だけでなくワールドの枠を越えて、
他のプレイヤーの「城下町」を訪問することもできます。

「城下町」は、「鳳凰の章」にてあなたの配下となる、
「家臣団」の訓練、育成の場としても活用できます。

次回は、「「城下町」案内人」です。

posted by 信長 at 05:57 | Comment(0) | 特集1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。